2021.12.16 コワーキングスペースの”適度な雑音 ”がある方が仕事や勉強に集中できる?効率UPの効果も!

みなさんは勉強をするとき、お仕事をするときの音について意識したことはありますか?

「周りが静かすぎるとなぜかうまく集中できない!」「ちょっとざわついてるカフェとかが作業しやすい!」という方も多いのではないでしょうか。

集中できる雑音は70デシベル!

実は無音状態では、かえって作業効率が低下するいう研究もあるんです!
図書館などの静かな場所で落ち着かなくなる人は静かすぎることが理由でしょう。

研究によると、人は70デシベル程度の物音だと抽象的思考や想像的思考を司る脳の働きが刺激され、一番集中することが出来るのだとか。

デシベルと環境音の例
  • 50デシベル 図書館
  • 70デシベル カフェやレストラン
  • 85デシベル 電車の中

集中できる70デシベルはちょうど飲食店くらいのざわざわ感のようです。
カフェなどで勉強やお仕事をされている方が多いのには、実は科学的根拠があったのですね!

ただ最近だとカフェで長時間作業をする方も増えたからか、時間制限を設けているお店やパソコンでの作業を禁止するお店が増えていると思いませんか?
実際、コワーキングスペースを利用される方からも「カフェには長時間いられないし、仕事する場所がなくって」というお声を聞きます。

作業中の音楽はあり?なし?

お仕事や勉強中に音楽を聞くという方も多いのではないでしょうか?

でも実は、基本的に音楽には学習効果や集中力を上げるという効果はないとされているんです!

ただし、調べてみると作業中の音楽にはこんな効果があるようです。

音楽が作業中の人に及ぼす影響
  1. 単調な作業の退屈感を紛らわして、効率を上げる。
  2. 意識が作業から離れないようにする。
  3. ほかの騒音の影響を減らす。

つまり、「長い時間の単調な作業をしなきゃいけない」とか「あまりやりたくはない作業」は音楽を聴きながら行うといいですね。

ここで少し注意が必要なのが、音楽や雑音の中に言語情報が入っていると無意識にその言葉を聞き取ろうとしてして集中力が下がってしまうということです。
音楽は歌詞の入っていないBGMなどがいいでしょう!

BasisPointのコワーキングスペースは集中できる環境です!

カフェやレストランなど、人の話し声のような適度な雑音がある場所は集中しやすい環境だと分かりました!

ただし最近だと時間制限やパソコンでの作業を禁止するカフェが多くあります。また、個人的には土日のカフェはかなり騒がしくてあまり集中できないことも多かったです。

そこで利用していただきたいのが、コワーキングスペースBasisPointです!
コワーキングスペースは基本的にお仕事を目的とした場所なのでカフェほど騒がしくなく、BGMなどで程よく静かすぎない環境作りをしています!

丸井吉祥寺店は丸井の中に入っているので静かすぎないと人気です。
店内はお電話やWeb会議もOKです

コワーキングスペースのもう一つのいいところは周りにも同じように集中して作業している仲間がいることです!

心理学的には、一人で作業をするより、同様の作業をする他人が傍にいることで様々な刺激を受け、達成効果が増大するそうです。

つまり、勉強やお仕事を目的に来ている方の多いコワーキングスペースのほうがカフェよりもさらに効率よく作業を出来るということなんです!
ぜひ私たちBasisPointのコワーキングスペースで勉強やお仕事をしてみませんか?

BasisPointでは現在コワーキングスペースを無料で使うことができるキャンペーン中です!お好きな店舗で抜群の居心地をぜひお試しください♪

1日お試しキャンペーンについて詳しくはこちら

<参考・参照サイト>
勉強中の音楽は良いのか悪いのか
(イラストレーターとハンドメイド作家の理学療法士のサイト)
【適度な雑音】環境音が集中力を高める秘密を解説!【誰でも簡単にできる】
(まなたび、2020/6/29)
騒音について」(暗騒音工法研究会)


【アルバイト募集】受付スタッフとして私たちほ働きませんか?詳細はこちら↓


BasisPointはラグジュアリーなコワーキングスペースを運営しています!今すぐチェック↓


BasisPointのTwitterをフォローして最新情報をゲット!
2021年12月15日
BasisPoint全店舗の年末年始営業日のお知らせ【2021年~2022年】
2021年12月20日
知る人ぞ知る五反田の老舗コワーキングスペースBasisPoint 五反田店!